会員執筆記事

H29.3.23 個人再生 寺田昇市

Q 私は,8年ほど前に,住宅ローンを組んで自宅を建築しました。それ以外に,消費者金融からお小遣い感覚で借入を繰り返したところ,消費者金融からの借金の額が膨れ上がり,借金返済のためにさらに借金をするという状態になりました。住宅ローンだけなら支払えますが,消費者金融からの借金は到底返せない額になってしまいました。知り合いからは破産を勧められましたが,家を手放したくありません。

 

A 破産をしてしまうと,ほとんどのケースで借金の返済をせずに済みますが,せっかく建てた自宅を失うことになります。そこで,民事再生手続のうち,いわゆる個人再生により,借金を整理することが考えられます。個人再生には,給与所得者等再生と小規模個人再生の2種類がありますが,いずれの手続も住宅ローン以外の借金の額を最大5分の1(ただし,100万円以上)に減額した上で,3年ないし5年間で分割弁済することが可能です。住宅ローンについては,住宅資金特別条項を利用して,これまでと同様に支払うことも可能ですし,住宅ローン以外の弁済をしている期間は利息のみを支払うといった柔軟な対応も可能です。民事再生手続は,複雑な手続きであり,申立てをするには専門的知識が必要とされます。また,借金を整理する方法は,民事再生手続以外にもいくつか存在し,あなたに適した方法は一概に一つに決まるものではありませんので,一度弁護士に相談することをお勧めします。もっとも,借金を繰り返してしまったあなたの生活態度に問題があったことは否めませんので,このような状況に陥った原因を見つめ直し,生活再建を図る心構えを持っていただくことが前提となることは言うまでもありません。

福井新聞

福井新聞の一覧へ戻る